病院

動脈硬化を防ぐ

減塩が大切

塩分の取りすぎは高血圧や動脈硬化の大きな原因となっています。脳梗塞を予防するためには毎日の食生活の中で減塩を心がけることがとても重要です。最近は減塩食と言って弁当の宅配を行う業者も現れています。このような減塩食を注文して高血圧の予防に努めている人も多くいます。また栄養バランスの良い食事をとることが大切で栄養分を様々な食材から摂取することが動脈硬化の防止、ひいては脳梗塞の予防につながってきます。体内の水分不足にも注意をしなければなりません。水分が不足すると血液が固まりやすく血栓が生じて来るからです。特に高齢になるとのどの渇きに気が付かないことも多いので、夏場などは積極的に水分を取るようにして脳梗塞の予防を行ってください。

脳梗塞になると食生活を見なおしすることが大切になります。適切な治療を受けているからといっても、揚げ物や甘いものを食べてばかりではいけません。脳梗塞には、ビタミンcやB郡などを食事に取り入れ、再発予防効果がある成分になっています。ビタミン類は加熱に弱いなどの特徴を持っているので取り入れ方に工夫が必要になります。自分で調理できない場合は、宅配食事などもあるので利用してみましょう。そうすることで毎日料理を作る面倒も省くことができるのでとても楽です。
また、脳梗塞になると合併症を引き起こす可能性も高いです。そのため、高血圧対策などをするためにも食生活を見直すことがとても大切と言えるでしょう。

怖い病気だから

脳梗塞で倒れて治療をしたとしても、後遺症が残ることが多いです。それなりの年齢になったら、脳梗塞にならないように注意して規則正しい生活を心がけましょう。食事を改善することが大事ですが、ビタミンCやビタミンB群を積極的に食事に取り入れることです。

詳細を確認する...

日本が抱える問題の一つ

日本では、今後も高齢者が増加し続けることは確実と見られています。脳梗塞になる人は、現在とは比較できないほど増えていくでしょう。言語障害や麻痺が出ることが多いので、脳梗塞には気をつけなければいけません。ビタミンB群やビタミンC、カリウムやマグネシウムなどを摂るようにしましょう。

詳細を確認する...

食生活が欧米化して

高血圧や高脂血症、喫煙や飲酒と言った危険因子が一つでもあると、動脈硬化が進行する可能性が高いです。脳梗塞を起こした人のほとんどは、複数の危険因子を併せ持っていました。禁煙するお酒は大量に飲まないことが大事です。また、食生活の改善も重要で、植物性脂肪を少し多めに摂ることが理想と言えるでしょう。

詳細を確認する...